合宿とは異なる特徴はある?通学で車の免許を取るメリットとデメリット

合宿とは異なる特徴はある?通学で車の免許を取るメリットとデメリット


通学で免許を取るメリット

自動車免許の取得方法は大きく通学と合宿の2種類に分けられます。通学で免許を取る大きなメリットの一つがスケジュールの組みやすさです。通学ではその日の教習が終わってから次の予約を自分で取る仕組みになっています。予め決められた時間割に沿って授業が行われる合宿のようにスケジュールが管理されていないのでプライベートの予定を優先させることも可能です。入学から1年間という期限をフルに活用してのんびり自分のペースで取得をしていきたいという人にとってこの点は大きなメリットと言えます。そのほか通学のメリットとして挙げられるのが運転技術の向上です。道路の混雑状況は地域によって若干の違いはありますが、都市部を始めとした交通量の多い地域では通常よりも高い運転技術が求められます。教習中は隣に教官が同乗して直接指導が受けながら技術を磨けるのが強みです。

通学ならではのデメリット

メリットの多い通学にもデメリットになる点はいくつかあります。その一つが取得までの期間の長さです。通学は利用者がその都度教習の予約を取らなくてはいけないため、必ずしも希望が通るとは限りません。週末や夏休みを始めとした学生の利用者が増える長期休暇中は希望者が増えるので必然的に予約が取りにくくなります。合宿が2週間弱なのに対して通学は取得までに平均3ヶ月程度と言われていますが、タイミングによっては半年近く掛かるケースも珍しくありません。仕事で必要などすぐにでも免許が必要という場合に取得期間の長さはデメリットになります。

自動車学校に通わずに短期間の合宿で取得可能な合宿免許は、早く免許を取得したい方や忙しくて自動車学校に通うことが厳しい方にピッタリなプランです。

Previous post 導入前に知っておこう!LED照明の種類とメリット